FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Satoyama, Plants & Nature

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

9月の山野と草原性植物 

 9月は天候がもう一つで、なかなか遠出ができませんでした。遠出らしい遠出は1度但馬の方へ行けただけで欲求不満気味。今日も外では雨が降っています。秋晴れが恋しい・・・
*画像クリックで、別ウィンドで表示されます。
FC2ブログの仕様が変わったのか、リンク先で大きな画像が表示されなくなってしまいました。
大きな画像(1024×768)を見る時は、リンク先の画像を別のウインドかタブで表示してください。


ツルボ
Fig.1 ツルボ (兵庫県篠山市 2016.9/15)
半日時間ができたので、篠山市へと足を伸ばしました。
ヒガンバナとともに水田の土手ではツルボが開花していました。
関連ページ 関西の花・ツルボ

イヌショウマ
Fig.2 イヌショウマ (兵庫県篠山市 2016.9/15)
林縁ではイヌショウマのはしりが開花していました。今頃がちょうど見頃でしょう。
付近にはサラシナショウマも生育していますが、小花の柄がないことで区別できます。
関連ページ 関西の花・イヌショウマ

コシオガマ
Fig.3 コシオガマ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
この日は草原性草本の観察に但馬に出掛けました。
ススキ草原に最初に出てきたのは生育状態の良いコシオガマでした。

シオガマギク
Fig.4 シオガマギク (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
コシオガマは兵庫県南部の里山でも見ることができますが、シオガマギクは南部の低地では見られません。半寄生植物でススキやオオアブラススキに半寄生しているのでしょう。

ウメバチソウ
Fig.5 ウメバチソウ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
山麓ではまだつぼみですが、高所に登ると開花が始まっていました。
県南部では湿地に見られますが、ここでは草原の被植の少ない場所に生育しています。
関連ページ 湿生植物・ウメバチソウ

ホクチアザミ
Fig.6 ホクチアザミ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
兵庫県ではRDBに指定されていませんが、あまり見かけないトウヒレン属の草本です。
トウヒレン属は草原性のものが多く、草原の遷移により全体的に減少しています。
この日は同属のヒメヒゴタイには出会えませんでした。

ホクチアザミの花
Fig.7 ホクチアザミの花 (兵庫県但馬地方 2016.9/17)

キュウシュウコゴメグサ
Fig.8 キュウシュウコゴメグサ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
ススキ草原の草丈の低い礫交じりの斜面にのみ生育していました。
西日本のおよそ1000m以上の日当たりよい草地に生育しています。

キュウシュウコゴメグサの花
Fig.9 キュウシュウコゴメグサの花 (兵庫県但馬地方 2016.9/17)

カワラボウフウ
Fig.10 カワラボウフウ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
いつもキアゲハの食害に遭っていてロクな画像が撮れないのですが、ここのものは少しましでした。
日当たりよい草原に生育し、県南部の里山でも見られます。

カワラボウフウの花
Fig.11 カワラボウフウの花 (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
クロハナケシキスイが訪花していました。

ネバリタデ
Fig.12 ネバリタデ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
やや高所の日当たりよいやや湿った草地に生育し、茎上部に粘液を出す部分があります。
ここではスキー場の草地でイヌタデ(紅色の花穂のもの)とともに生育していました。
オオネバリタデのほうはより湿った草地に生育する印象があります。

ミヤマノキシノブ
Fig.13 ミヤマノキシノブ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
沢沿いにあるミズナラの古木に沢山着生していました。
このあたりでは比較的ふつうに見られます。
関連ページ 関西の花/シダ・ミヤマノキシノブ

オクモミジハグマ
Fig.14 オクモミジハグマ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
温帯林の林縁で生育していましたが、多くの個体が葉を完全に食べられていました。
ここではオオカニコウモリとともに生育していましたが、なかなか満足のいく画像が撮れません。

サンヨウブシ
Fig.15 サンヨウブシ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
花冠と花柄は無毛で、葉は中裂しているのでサンヨウブシです。
ここでは初夏には沢山の個体がみられますが、開花するまでに黒化して枯れてしまうものが多いように思います。

ナメコ
Fig.16 ナメコ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
古い倒木からナメコの走りがでていました。降雨で少し色褪せています。
すでに多くのものは溶け始めており、採取できたのはわずかの量でした。

ムラサキホウキタケ
Fig.17 ムラサキホウキタケ (兵庫県但馬地方 2016.9/17)
なぜか登山道の上に色鮮やかなムラサキホウキタケが生えていました。

モトマチハナワラビ
Fig.18 モトマチハナワラビ (兵庫県丹波地方 2016.9/27)
今年もハナワラビのシーズンがやってきました。
本種は冬期に出るハナワラビの中でも、葉面に最も光沢のある種です。
関連ページ 関西の花/シダ・モトマチハナワラビ

ヒカゲワラビ
Fig.19 ヒカゲワラビ (兵庫県丹波地方 2016.9/27)
社寺林の林床に群生しています。
かなりの個体数ですが、他のシダはそれほど種数は多くありませんでした。
関連ページ 関西の花/シダ・ヒカゲワラビ

関連記事
スポンサーサイト

category: 9月の花

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://satoyamaplants.blog.fc2.com/tb.php/98-fe4dd58f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。