04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Satoyama, Plants & Nature

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

咲き始めた夏の花たち 

夏の強い日差しが照りつける今頃は、野山に花が乏しいと感じてしまいますが、それでもこの時期にしか咲かない花や、これから全盛期を迎える夏の花が開花しはじめています。今回は水辺の植物の花も収録しました。
画像:コオニユリ、オニユリ、オトコゼリ、シオデ、ニガクサ、ダイコンソウ、イワタバコ、
   オトギリソウ、オオトモエソウ?トモエソウ?、ナルコビエ、ヤブレガサモドキ、
   カワラナデシコ、キキョウ、ミズオオバコ、マルバオモダカ、イトタヌキモ、ボタンヅル、
   ナツエビネ、ナンバンハコベ
   キベリハムシ、ジャコウアゲハ、チョウトンボ、カジカガエル
*画像クリックで、別ウィンドで表示されます。
FC2ブログの仕様が変わったのか、リンク先で大きな画像が表示されなくなってしまいました。
大きな画像(1024×768)を見る時は、リンク先の画像を別のウインドかタブで表示してください。

コオニユリ
Fig.1 コオニユリ (兵庫県阪神地方 2014.7/17)
見上げるような岩壁の高所で開花しています。
コンデジの望遠で撮ったため、画質が今ひとつです。
関連ページ 関西の花・コオニユリ

オニユリ
Fig.2 オニユリ (兵庫県丹波地方 2014.7/25)
史前帰化植物であるオニユリはヤブカンゾウ同様、里山で沢山見られます。
7月終わりから8月頭にかけては、どこに行ってもオニユリに出会います。
関連ページ 関西の花・オニユリ

オトコゼリ
Fig.3 オトコゼリ (兵庫県丹波地方 2014.7/18)
草刈りされた休耕田で開花しはじめていました。
関連ページ 湿生植物・オトコゼリ

シオデ
Fig.4 シオデ (兵庫県丹波地方 2014.7/18)
草刈りに遭ってあちこち切断されていますが、沢山の花序をつけていました。
画像のものは雄株で、雌株はなかなか見つかりません。

ニガクサ
Fig.5 ニガクサ (兵庫県丹波地方 2014.7/22)
昨年、土砂で埋まってしまった畑地が、今年は草地になっていて、ニガクサが群生していました。

ダイコンソウ
Fig.6 ダイコンソウ (兵庫県丹波地方 2014.7/22)
クリ園の林床が開花したダイコンソウで埋め尽くされていました。
あまりの大群生で、どこを切り取って写したらよいかわかりません。
関連ページ 関西の花・ダイコンソウ

イワタバコ
Fig.7 イワタバコ (兵庫県丹波地方 2014.7/25)
渓流の岩上で開花しはじめたところでした。

オトギリソウ
Fig.8 オトギリソウ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
里山の草地土手の農道沿いに並んで開花していました。
関連ページ 関西の花・オトギリソウ

オオトモエソウ?トモエソウ?
Fig.9 オオトモエソウ? トモエソウ? (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
オオトモエソウかトモエソウかで意見の分かれている問題の花です。
花柱は7mmを超えるけど、13mmには達していなくて微妙・・・

ナルコビエ
Fig.10 ナルコビエ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
花ではありませんが、好きなイネ科草本のひとつ。最近あまり見かけなくなりました。
関連ページ 関西の花・ナルコビエ

ヤブレガサモドキ
Fig.11 ヤブレガサモドキ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
有志により保全管理と調査が行われている残り少ない集団です。
この日はクズの駆除作業でした。

ヤブレガサモドキの花
Fig.12 ヤブレガサモドキの花 (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
花はヤブレガサ同様、あまり見栄えがしませんが、ほとんど見る機会のない花です。
ハキリバチの仲間が訪花していますが、この個体は不稔で結実しません。
同じ集団内でも結実する個体と不稔の個体があります。

カワラナデシコ
Fig.13 カワラナデシコ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
農道脇の斜面からこぼれるように沢山の花が開花していました。
関連ページ 関西の花・カワラナデシコ

キキョウの群生
Fig.14 群生するキキョウ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
棚田の土手で群生しているキキョウが開花していました。
関連ページ 関西の花・キキョウ

キキョウの花
Fig.15 キキョウの花 (兵庫県阪神地方 2014.7/27)

ミズオオバコ
Fig.16 ミズオオバコ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
溜池ではミズオオバコが開花しはじめていました。
関連ページ 沈水植物・ミズオオバコ

マルバオモダカ
Fig.17 マルバオモダカ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
近年急激に自生地が減少しつつある種です。
管理放棄された水のない溜池跡にかなりの個体数が生育していますが、遷移が心配です。
関連ページ 浮葉植物・マルバオモダカ

イトタヌキモ
Fig.18 イトタヌキモ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
溜池の浅水域にあるカンガレイ群落の株元をびっしり覆って開花していました。
関連ページ 浮遊植物・イトタヌキモ

ボタンヅル
Fig.19 ボタンヅル (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
夏にお馴染みのボタンヅルも開花しはじめました。

ナツエビネ
Fig.20 ナツエビネ (兵庫県丹波地方 2014.7/31)
ナツエビネの一番花が開花しました。
生育環境により開花期にかなり差が出るようで、まだ花茎の上がっていない集団もあります。

ナツエビネの花
Fig.21 ナツエビネの花 (兵庫県丹波地方 2014.7/31)

ナンバンハコベ
Fig.22 ナンバンハコベ (兵庫県丹波地方 2014.7/31)
ちょうど開花全盛でしたが足場の悪い場所で、こちらを向いた花がありませんでした。

---------------------------------------------------------------------
キベリハムシ
Fig.23 キベリハムシ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
外来種ですが大型の美しいハムシで神戸周辺にのみ定着しています。

ジャコウアゲハ
Fig.24 ジャコウアゲハ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
アリマウマノスズクサを探してゆるやかに飛翔していました。

チョウトンボ
Fig.25 チョウトンボ (兵庫県阪神地方 2014.7/27)
林縁の葉上でじっとしていました。暑さのあまり休憩していたのでしょうか。

カジカガエル
Fig.26 カジカガエル (兵庫県阪神地方 2014.7/29)
渓流に涼みに行くとカジカガエルが鳴いていました。
近寄ると鳴き止みましたが、画像は撮らせてくれました。
関連記事
スポンサーサイト

category: 7月の花

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://satoyamaplants.blog.fc2.com/tb.php/61-30b1f280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。