FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Satoyama, Plants & Nature

5月の花 前半 

あちこちで花々が開花し、訪花昆虫も多くなり、賑やかな季節になりました。
5月前半に見た花をまとめました。
画像:エビネ、フデリンドウ、ギンリョウソウ、ミヤマセセリ、ムロウテンナンショウ、
   ラショウモンカズラ、シャク、サワオグルマ、ニョイスミレとムラサキサギゴケ、
   サツマイナモリ、ムサシアブミ、コウライテンナンショウ、コミヤマスミレ、オチフジ、
   ヒメレンゲ、キンラン、ムツオレグサ、ヒメコヌカグサ、アオウシノケグサ、アリマグミ、
   ツクバネウツギ、ヒゲナガハナノミ、フタスジサナエ、フトヒルムシロ、オカオグルマ、
   キマダラハナバチの仲間、ミヤマナルコユリ、タツナミソウ、但馬の棚田土手、
   ウラシマソウ、タチシオデ、オククルマムグラ、クルマムグラ、コケイラン、
   オオタチツボスミレ、シロバナオオタチツボスミレ、サンインスミレサイシン、
   マルバスミレ、シハイスミレ?、ウスバサイシン、ザゼンソウ、ヒロハコンロンソウ、
   サンインネコノメ、マルバネコノメソウ、サンカヨウ、ユキザサ、ユキモチソウ
*画像クリックで、別ウィンドで拡大表示されます。

エビネ
Fig.1 エビネ (兵庫県丹波地方 2014.5/7)
今年は春先に暖かい日が続いたためか、例年よりも1週間ほど早く開花しています。
関連ページ 関西の花・エビネ

フデリンドウ
Fig.2 フデリンドウ (兵庫県丹波地方 2014.5/7)
雑木林で点々と開花していました。

ギンリョウソウ
Fig.3 ギンリョウソウ (兵庫県丹波地方 2014.5/7)
低山の尾根の緩斜面に点在していました。残念ながら、少しいたんでいます。

ミヤマセセリ
Fig.4 ミヤマセセリ (兵庫県丹波地方 2014.5/7)
岩稜上ではミヤマセセリがテリトリーを張っていました。

ムロウテンナンショウ
Fig.5 ムロウテンナンショウ (兵庫県丹波地方 2014.5/7)
このあたりでは最もふつうに見られるテンナンショウです。
関連ページ 関西の花・ムロウテンナンショウ

ラショウモンカズラ
Fig.6 ラショウモンカズラ (兵庫県丹波地方 2014.5/7)
ラショウモンカズラも早くも最盛期になっていました。
関連ページ 関西の花・ラショウモンカズラ

シャク
Fig.7 シャク (兵庫県丹波地方 2014.5/7)
美味しい山菜のシャク。こうなるともう食べれません。
関連ページ 関西の花・シャク

サワオグルマ
Fig.8 サワオグルマ (兵庫県丹波地方 2014.5/7)
休耕田の群落が一斉開花。湿地の最初の賑わい。
関連ページ 湿生植物・サワオグルマ

ニョイスミレとムラサキサギゴケ
Fig.9 休耕田の小さな花の競演 (兵庫県丹波地方 2014.5/7)
ニョイスミレとムラサキサギゴケ。
関連ページ 湿生植物・ニョイスミレ
関連ページ 湿生植物・ムラサキサギゴケ

サツマイナモリ
Fig.10 サツマイナモリ (兵庫県播磨地方 2014.5/8)
沢沿いの斜面でひっそりと咲いていました。

ムサシアブミ
Fig.11 ムサシアブミ (兵庫県播磨地方 2014.5/8)
とても頑丈そうな花に見えます。

コウライテンナンショウ
Fig.12 コウライテンナンショウ (兵庫県播磨地方 2014.5/8)
関西では比較的よく見られるマムシグサの仲間です。
関連ページ 関西の花・コウライテンナンショウ

コミヤマスミレ
Fig.13 コミヤマスミレ (兵庫県播磨地方 2014.5/8)
関西では比較的山地に生育するスミレで、開花期は遅い。
関連ページ 関西の花・コミヤマスミレ

オチフジ
Fig.14 オチフジ (兵庫県播磨地方 2014.5/8)
兵庫県の名花・オチフジ。なんとか開花期に間に合いました。

ヒメレンゲ
Fig.15 ヒメレンゲ (兵庫県播磨地方 2014.5/8)
渓流のあちこちの岩上で満開でした。

キンラン
Fig.16 キンラン (兵庫県阪神地方 2014.5/11)
里山の林縁で、夕日を浴びていました。開花まであとわずか?
関連ページ 関西の花・キンラン

ムツオレグサ
Fig.17 ムツオレグサ (兵庫県阪神地方 2014.5/11)
溜池で抽水状態で出穂しています。
関連ページ 湿生植物・ムツオレグサ

ヒメコヌカグサ
Fig.18 ヒメコヌカグサ (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
棚田の用水路脇に生育。兵庫県南部ではふつうに見られます。
関連ページ 湿生植物・ヒメコヌカグサ

アオウシノケグサ
Fig.19 アオウシノケグサ (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
自然度の高い里山に出ます。あまりに地味なため関心が持たれないようです。
関連ページ 関西の花・アオウシノケグサ

アリマグミ
Fig.20 アリマグミ (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
果実期には目立つ本種も、開花期には目立ちません。

ツクバネウツギ
Fig.21 ツクバネウツギ (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
里山で満開。沢山のハナバチ類が訪花していました。
関連ページ 関西の花・ツクバネウツギ

ヒゲナガハナノミ
Fig.22 ヒゲナガハナノミ (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
この時期に湿地や休耕田、用水路周辺でよく見かけます。

コサナエ
Fig.23 コサナエ フタスジサナエ (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
里山ではサナエトンボ類が飛ぶ季節です。
*コサナエとしていましたが、フタスジサナエだとのことです。
 兵庫県ではコサナエは日本海側にのみ見られるとのことです。
 ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m


フトヒルムシロ
Fig.24 フトヒルムシロ (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
溜池で花茎が上がっています。浮葉の間にはイヌタヌキモの姿も。
関連ページ 浮葉植物・フトヒルムシロ

オカオグルマ
Fig.25 オカオグルマ (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
棚田の土手ではオカオグルマが満開でした。
関連ページ 関西の花・オカオグルマ

キマダラハナバチの仲間
Fig.26 キマダラハナバチの仲間 (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
この時期によく見られ、オカオグルマに訪花していました。

ミヤマナルコユリ
Fig.27 ミヤマナルコユリ (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
ミヤマナルコユリは咲き始めできれいでした。

タツナミソウ
Fig.28 タツナミソウ (兵庫県阪神地方 2014.5/13)
棚田の土手で点々と開花していました。

但馬の棚田の土手
Fig.29 但馬の棚田土手 (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
同時期の但馬地方の土手。ヤマルリソウ、オオタチツボスミレ、エンレイソウと賑やか。

ウラシマソウ
Fig.30 ウラシマソウ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
但馬地方では5月になってから咲くんですねえ。
関連ページ 関西の花・ウラシマソウ

タチシオデ
Fig.31 タチシオデ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
林縁で開花中でした。雌雄異株で、画像は雄花です。
関連ページ 関西の花・タチシオデ

オククルマムグラ
Fig.32 オククルマムグラ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
タチシオデの近くで開花中でした。

クルマムグラ
Fig.33 クルマムグラ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
先種に似ていますが、温帯林下の湿った場所に沢山生育しています。

コケイラン
Fig.34 コケイラン (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
コケイランは開花し始めたばかり。花序最下の花だけが開いていました。

オオタチツボスミレ
Fig.35 オオタチツボスミレ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
丹波地方と違い、温帯林の林床や林縁で大きな群落が見られます。
関連ページ 関西の花・オオタチツボスミレ

シロバナオオタチツボスミレ
Fig.36 シロバナオオタチツボスミレ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
オオタチツボスミレの混じって、白花品も生育しています。

サンインスミレサイシン
Fig.37 サンインスミレサイシン (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
山麓部では開花は終わっていましたが、少し高所に上ると、まだ満開でした。

マルバスミレ
Fig.38 マルバスミレ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
開花晩期のためか少しへたり気味。崩壊斜面に多いスミレです。

シハイスミレ?
Fig.39 シハイスミレ? (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
葉が丸いシハイスミレがありました。フモトスミレとの雑種でしょうか。
関連ページ 関西の花・シハイスミレ

ウスバサイシン
Fig.40 ウスバサイシン (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
林縁でサンインスミレサイシンやモミジガサとともに生育していました。

ザゼンソウ
Fig.41 ザゼンソウ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
雪解けの遅かった場所では、まだ花が見られました。
関連ページ 湿生植物・ザゼンソウ

ハダカコンロンソウ
Fig.42 ヒロハコンロンソウ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
渓流に沿って点々と生育していました。

サンインネコノメ
Fig.43 サンインネコノメ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
但馬地方に多いネコノメソウです。ホクリクネコノメソウの1品種。
関連ページ 関西の花・サンインネコノメ

マルバネコノメソウ
Fig.44 マルバネコノメソウ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
兵庫県では稀な種で、最も遅い時期に開花します。

サンカヨウ
Fig.45 サンカヨウ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
温帯林の沢沿いに群生していますが、まだ開花しはじめたばかり。
関連ページ 関西の花・サンカヨウ

ユキザサ
Fig.46 ユキザサ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
こちらも開花が始まったところでした。
関連ページ 関西の花・ユキザサ

ユキモチソウ
Fig.47 ユキモチソウ (兵庫県但馬地方 2014.5/14)
思わぬ場所で見つけました。自生か逸出か、近くに集落もあるので、難しいところです。
自生であれば、兵庫県の2ヶ所目の自生地ということになるのですが・・・
関連記事
スポンサーサイト



category: 5月の花

cm 1   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2014/05/20 22:10] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://satoyamaplants.blog.fc2.com/tb.php/52-80eb1bfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ