FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Satoyama, Plants & Nature

新緑のシダ 

ジュウモンジシダとモミジガサ
Fig.1 植林地下の新緑 (兵庫県篠山市 2013.5/9) ジュウモンジシダとモミジガサ

この時期、各地の林床では展葉したばかりのシダが色鮮やかです。
今回はそんなシダの葉の画像を集めてみました。
画像:ジュウモンジシダとモミジガサ、クサソテツ、キヨタキシダ、ハクモウイノデ、
   ツヤナシイノデ、サイゴクイノデ、サカゲイノデ、ベニシダ、ナンゴクナライシダ、
   ミヤマイタチシダ、リョウメンシダ、イワガネゼンマイ、シノブ、シシガシラ、
   オオキジノオ、イヌワラビ、タニイヌワラビ、サキモリイヌワラビ、シケチシダ、
   ホソバイヌワラビ、クジャクシダ、イヌガンソク、ヤマドリゼンマイ、コウヤワラビ

クサソテツの新緑
Fig.2 クサソテツ (兵庫県篠山市 2013.4/26)
里山にあるにも関わらず、1本も摘み取られていない美しい群落でした。
褐色に立ち枯れているのは前年の胞子葉です。
関連ページ 湿生植物・クサソテツ

キヨタキシダ
Fig.3 キヨタキシダ (兵庫県篠山市 2013.4/26)
兵庫県内では群生地が少ないためか、「赤コゴミ(油コゴミ)」を利用する習慣はないようです。
葉は伸びきる直前で、なんだか雑然としていますね。
関連ページ 関西の花・キヨタキシダ

クマワラビ
Fig.4 クマワラビ (兵庫県篠山市 2013.4/25)
葉先のソーラスのつく部分はすでに縮れて、色も濃緑色になっています。

ハクモウイノデ
Fig.5 ハクモウイノデ (兵庫県篠山市 2013.5/9)
軟毛が多くて白味を帯び、やわらかな印象です。
関連ページ 関西の花・ハクモウイノデ

ツヤナシイノデ
Fig.6 ツヤナシイノデ (兵庫県篠山市 2013.5/9)
中軸の大きな鱗片が自己主張しているような夏緑性シダ。

サイゴクイノデ
Fig.7 サイゴクイノデ (兵庫県篠山市 2013.5/9)
ツヤナシイノデの隣の林では、サイゴクイノデが展葉しきっていました。
関連ページ 関西の花・サイゴクイノデ

サカゲイノデ
Fig8 サカゲイノデ (兵庫県朝来市 2011.6/19)
鱗片が中軸に下向きに圧着してつく夏緑性シダ。

ベニシダ
Fig.9 ベニシダ (兵庫県丹波市 2013.4/23)
新葉が赤く染まることからベニシダ。向陽地のものは特に赤味が強く出ます。

ナンゴクナライシダ
Fig10.ナンゴクナライシダ (兵庫県篠山市 2013.5/9)
繊細な薄緑の葉で、展葉したばかりの葉は特に美しいと思います。
関連ページ 関西の花・ナンゴクナライシダ

ミヤマイタチシダ
Fig.11 ミヤマイタチシダ (兵庫県丹波市 2013.5/9)
イタチシダの仲間ではやや性質が異なった半常緑性シダで、展葉する時期も早い。

リョウメンシダ
Fig.12 リョウメンシダ (兵庫県篠山市 2013.5/9)
夏には大きな葉で暑苦しくさえ思えますが、この時期のものは繊細で涼しげです。
関連ページ 関西の花・リョウメンシダ

イワガネゼンマイ
Fig.13 イワガネゼンマイ (兵庫県篠山市 2013.5/9)
葉が全て明るい方向を向き、葉先が上を向いて、今にも一斉に林床から飛び立ちそうです。
関連ページ 関西の花・イワガネゼンマイ

シノブ
Fig.14 シノブ (兵庫県篠山市 2013.4/25)
日当たり良い岩場に生えるシノブの展葉途上の若葉は、少し褐色を帯びています。
関連ページ 関西の花・シノブ

シシガシラ
Fig.15 シシガシラ (兵庫県丹波市 2013.5/9)
直立している赤く細いフィドルヘッドは胞子葉のもの。
関連ページ 関西の花・シシガシラ

オオキジノオ
Fig.16 オオキジノオ (兵庫県篠山市 2013.4/25)
軸を巻き、葉も巻いて。面白い造形ですね。

イヌワラビ
Fig.17 イヌワラビ (兵庫県篠山市 2013.4/26)
イヌワラビは展葉時に紫色がよく出ますが、それに白色などが混じるものはニシキシダとして栽培もされます。

タニイヌワラビ
Fig.18 タニイヌワラビ (京都府綾部市 2013.5/2)
軸や中肋が強く赤味を帯び、イヌワラビの仲間のうちでも大変美しい種です。
関連ページ 関西の花・タニイヌワラビ

サキモリイヌワラビ
Fig.19 サキモリイヌワラビ (京都府綾部市 2013.5/2)
こちらは軸が赤紫色を帯びています。

ホソバイヌワラビ
Fig.20 ホソバイヌワラビ (兵庫県篠山市 2013.5/9)
小羽片が細く、鋸歯がはっきりとした繊細な葉を持ちます。

シケチシダ
Fig.21 シケチシダ (兵庫県篠山市 2012.4/29)
展葉したての葉は少し光沢がありました。
関連ページ 関西の花・シケチシダ

クジャクシダ
Fig.22 クジャクシダ (兵庫県篠山市 2013.5/9)
この画像は暗がりで撮ったダメな1枚。ほんとうはもっと綺麗です。
関連ページ 関西の花・クジャクシダ

イヌガンソク
Fig.23 イヌガンソク (兵庫県養父市 2013.5/8)
展葉途上は長い葉柄が目立ちます。黒褐色の前年の胞子葉が立ち枯れて残っています。
関連ページ 関西の花・イヌガンソク

ヤマドリゼンマイ
Fig.24 ヤマドリゼンマイ (兵庫県香美町 2011.5/26)
兵庫県では高原の湿原で生育しています。

コウヤワラビ
Fig.25 コウヤワラビ (大阪府淀川河川敷 2013.4/16)
展葉したての葉には細かい毛が生えていますが、すぐに脱落します。
関連ページ 湿生植物・コウヤワラビ

関連記事
スポンサーサイト



category: シダ

thread: 博物学・自然・生き物 - janre: 学問・文化・芸術

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://satoyamaplants.blog.fc2.com/tb.php/25-67c8e436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ