07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Satoyama, Plants & Nature

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

冬に見る地衣類 

石垣についたヒメレンゲゴケ
Fig.1 石垣のヒメレンゲゴケ
コケ(蘚苔類)を観察していると、どうしても地衣類のほうにも眼がいってしまいます。
というわけで、今回はこの冬見かけた地衣類です。
地衣類は内部に藻類を取り込んで共生する菌糸体で、2つの異なったものが1つの植物体をつくり、それが非常に多種におよんでいるということは非常に興味深いところだと思います。
ヒメレンゲゴケ、ウメノキゴケ、イワカラタチゴケ、センシゴケ、ヘラガタカブトゴケ、ヤマトキゴケ、ウラミゴケモドキ、ウスツメゴケ、タニガワキゴケ、ヒメジョウゴゴケの仲間、ササクレマタゴケ、ヤグラゴケ、トゲシバリ、ハナゴケ、コアカミゴケ(コナアカミゴケ)、ウロコアカミゴケ、ヤリノホゴケ、コフキカラタチゴケ、アカサルオガセ、キウメノキゴケ、マツゲゴケ、カラクサゴケ、ニセキンブチゴケ
*画像は全てクリックすると拡大できます。

ウメノキゴケ
Fig.2 ウメノキゴケ
最もメジャーな地衣類。里山の石垣についていました。

イワカラタチゴケ
Fig.3 イワカラタチゴケ
ウメノキゴケと同じ石垣に着生していました。
関連ページ 「関西の花・地衣類 イワカラタチゴケ」

屋根の上の地衣類
Fig.4 屋根を覆う地衣類
こういう光景は都市近郊では見られなくなりましたね。

センシゴケ
Fig.5 センシゴケ
神社の石段に付いていました。孔があるのが特徴。

ヘラガタカブトゴケ
Fig.6 ヘラガタカブトゴケ
寺院の石垣で。色鮮やかな地衣類です。

ヘラガタカブトゴケ拡大
Fig.7 ヘラガタカブトゴケの一部拡大
葉縁や網目脈上にヘラ形の小裂片を付けるのが特徴。

ヤマトキゴケ
Fig.8 ヤマトキゴケ
神社の灯篭の台にびっしりと付いていました。

ウラミゴケモドキ
Fig.9 ウラミゴケモドキ
ウチワゴケ(シダ)に覆われた巨岩側面についていました。
葉縁には先の尖った突起が並ぶのが特徴。

ウスツメゴケ
Fig.10 ウスツメゴケ
ヒメシノブゴケ(蘚類)に覆われた渓谷の岩上に付いていました。
関連ページ 「関西の花・地衣類 ウスツメゴケ」

タニガワキゴケ
Fig.11 タニガワキゴケ
増水すれば水没しそうな渓流の岩上に付着していました。

ヒメジョウゴゴケの仲間
Fig.12 ヒメジョウゴゴケの仲間
この仲間は数種ありますが、試薬を使わないと区別できません。

ササクレマタゴケ
Fig.13 ササクレマタゴケ
山際の石段の隅にかたまって生えていました。

不明種
Fig.14 不明種
ヒメジョウゴゴケに近い仲間だと思いますが、種は不明です。
造形的にとても面白いです。

ヤグラゴケ
Fig.15 ヤグラゴケ
あるいはヒメヤグラゴケかもしれません。まるで電波塔のようです。
貧栄養な尾根に生えていました。

ヤグラゴケ拡大
Fig.16 ヤグラゴケの拡大

トゲシバリ
Fig.17 トゲシバリ
貧栄養な尾根に沢山生えています。

ハナゴケ
Fig.18 ハナゴケ
トゲシバリと同じような場所に生育しています。

コアカミゴケ
Fig.19 コアカミゴケ(コナアカミゴケ)
朽ちかけた倒木上に生育していました。

ウロコアカミゴケ
Fig.20 ウロコアカミゴケ
渓流に架けられた古い木橋に付いていました。

立ち枯れに付いた地衣類
Fig.21 立ち枯れたクリの樹に付着する地衣類
湿度の高い場所では樹木に沢山の地衣類が見られます。

ヤリノホゴケ
Fig.22 ヤリノホゴケ
樹によく付いている地衣類です。
蘚類にも同じ名を持つものがあり、紛らわしい。

コフキカラタチゴケ
Fig.23 コフキカラタチゴケ
かなり腐った樹についていました。石垣にもよく付いています。
関連ページ 「関西の花・地衣類 コフキカラタチゴケ」

アカサルオガセ
Fig.24 アカサルオガセ
沢沿いの樹幹によく付いています。
関連ページ 「関西の花・地衣類 アカサルオガセ」

サクラの樹幹
Fig.25 サクラの古木についた地衣類
左のやや黄色を帯びたものはキウメノキゴケ、右はマツゲゴケ
マツゲゴケの群れの中には、カヤラン(ランの仲間)が着生しています。

カラクサゴケ
Fig.26 カラクサゴケ
ヤマザクラの枯れた枝の部分に付いていました。

ニセキンブチゴケ
Fig.27 ニセキンブチゴケ
立ち枯れたクリの樹に付いていました。

スポンサーサイト

category: 地衣類

thread: 博物学・自然・生き物 - janre: 学問・文化・芸術

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。